埼玉所沢|LPG(バイフューエル車)製造・販売GasTech代理店

関東運輸局認証工場 4-6282

〒359-1152
埼玉県所沢市北野1-23-15

  • LPG車販売・施工のお問い合わせ

    • お問い合わせ
    • 04-2938-3333

  • 営業時間9:00~19:00

GasTech hybrid project
未来への選択
LPG+ガソリン
環境とお財布にやさしいバイフューエル
  • 燃料費圧縮の救世主

  • バイフューエル- LPG ハイブリッド・GasTech

    日本の車は、99%がガソリンか軽油で走っていますが、海外ではCNGやLPGを併用する 「Bi-Fuel」も広く認知されており、高価なガソリンを入れなくても、自国で産出される天然ガスを使用するという至ってシンプルな考え方です。

  • 「Bi-Fuel」とは、2つの燃料供給方式で走行が可能なシステムです。

    エンジン始動時~数分間と、ガス燃料(LPG・CNG)が不足した場合のみ自動的にガソリンを消費するようにプログラムされており通常走行時にはガス燃料で走行します。燃料の消費量は、ガソリン走行時でもガス走行時でも変化はありませんので、純粋に燃料費が削減されます。

    主燃料LPガスx予備燃料ガソリン
    • どのくらいの削減効果かは走行距離次第!
      月間走行距離が2,000㌔を超えるのであればご検討ください。

    • LPガスとガソリンとは約70円の差額があります
      ⇒年間の給油量×70円=年間の削減金額

    • リッター10㌔の燃費の車で月間2,000㌔走行する場合の必要燃料 程度走行時の差額
      ⇒2,000㌔÷10=200ℓが必要になります。

    • 上記シミュレーションによる年間の削減効果は?
      ⇒200ℓ×12ヶ月×70円= 168,000円 これだけの差額が発生!

    • 投資回収期間は?
      ⇒構造変更費用は500,000円かかりますので、上記シミュレーションの場合距離にして72,000㌔・期間は3年で投資回収が可能です。

    • コストメリットは?
      ⇒走行距離10,000キロの使用過程車に取り付けた場合で7年乗ったとしたら
      168,000円×3年・・・・投資回収期間
      168,000円×4年・・・・コストメリット期間 総額672,000円の削減効果です

  • 次の車両の頭金が捻出できてしまいますね? 更に環境負荷も抑制できるおまけ付き!未来への選択をご検討ください!
  • 先進の技術LPGハイブリッド

  • 先進の技術LPGハイブリッド
    • ボンネット内部

      ボンネット内部

    • ボンネット内部

      給ガス口

    • ボンネット内部

      ガス燃料計

    • ボンネット内部

      LPGガスタンク装着


    • LPGタンクを床下に収納
      ⇒積載スペースを犠牲にせずガソリンハイブリット車と変わらないスペースを確保しています。

    • 先進的で高度な電子制御
      ⇒高度な電子制御により、安定したLPG走行を実現快適な走りをサポートします。

    • 信頼性の高い部品と構造
      ⇒走行試験を十分に行い、信頼性と耐久に優れた部品を採用しています。